DLLで(無理やり)App.Configを使う

App.Config for your DLL – The Code Project – .NET
先ほどの流れで、どうしても標準のライブラリだけでDLLごとのApp.Configを使いたい場合の記事。
App.ConfigはAPPドメインごとに1つ設定されるので、この記事のコードではリフレクションを使ってAPPドメインの設定ファイル設定(ややこしい)を無理やりか書き換えている。
このため、このコードの肝はDLLの設定を取得して、DLL内部の変数に格納したらDisposeを呼び出して、APPドメインの設定ファイル設定を元に戻すことだろう。
まぁでもここまでするかってコードなので、先ほど紹介したNiniを使うか、設定をXMlとしてDLL自身がXMLファイルをパーシングするなり、クラスのXMLシリアライズ機能を使うなりしたほうがいいだろう。

コメントを残す