HTML 5への準拠度について子供みたいなけんかが続いているので自分で調べてみた。

以下の記事にもあるようにIEとFireFoxについて子供みたいなけんかが起きている。

Microsoft, Mozilla Battle Over What Makes a ‘Modern’ Web Browser | Webmonkey | Wired.com

Mozillaの中の人が「僕の自転車の方がかっこいいもんね!(゚д゚)バーカ!(゚д゚)バーカ!」みたいなけんかをふっかけているだけという話もありますが、MSのこの表も自画自賛杉だ!

だいたい正式リリース前のIEをリリース済みのブラウザと比べてみても仕方ないだろう。

こういうときは自分で比べてみるに限る。比較においてはhttp://beta.html5test.com/index.htmlを使用した。ちなみに個人的なポリシーでSafari, Operaはインストールできないので、これらは比較しない。

まずはIE 9 RC。

image

image

まずは130。

次はFireFox 4 Beta 11。

image

image

255。軽くほぼ倍。これでは確かに子供みたいなことも言いたくなる。

だが。

Chrome 9 。

image

image

ようは、IE9もFireFoxもがんばれという事しかない。WebKit最強伝説はまだ健在だな。だが、やっぱりMSも自画自賛じゃなくてちょっとは反省した方がいいと思うぞ。

尚、3ブラウザとも複数の不合格点があったことは言及しておく。

HTML 5の準拠度が高いブラウザがいいブラウザではないが、HTML 5に関してはブラウザ間での差異がなく、それこそシングルコードで全てのブラウザで同じように表示され、同じように動作する事がみんなから期待されている。従ってWEBブラウザベンダについては仕様への準拠度を大いに進めてほしいし、準拠度の資料に関しても自画自賛ではなく、出来るだけ共同でテストプラットフォームの構築とそれでの評価を目指してほしい。(W3Cは2014年にテストスイートとか言っているけど遅すぎ。)

One thought on “HTML 5への準拠度について子供みたいなけんかが続いているので自分で調べてみた。”

コメントを残す