INDYCAR iRacing Challenge: Round 3 – Michigan International Speedway #Indyjp

iRacingを使ったシリーズも3戦目となりました。舞台はミシガン。このシリーズとしては初めてのオーバルコースです。

スタートでいきなりBIG1となりコーションとなりましたが、その後は落ち着き、パワー、カラム、ナスル(ナッセ)がドラフティングを使って激しく首位が入れ替わる展開。中盤ピットウインドウとなるとピットロードでナスルがスピン、クラッシュして脱落、パワー、カラムの首位争いとなりました。ところが、燃費走行に達し、ピットインを1回回避したパジェノが首位になるという、何じゃそれ的な展開にw マクルーハンが2位、パロウは10位に。

コメントを残す