MicrosoftのIronPython, IronRubyプロジェクトはMSのプロジェクトではなくなり、コミュニティのプロジェクトとなるようです。

Jim Hugunin – Farewell to Microsoft

まず、IronPythonの生みの親であるJim HuguninがMSを退社しGoogleに移るようです。これだけでも大打撃だと思っていました。まぁやめた会社への恨み辛みは良いでしょう。ただなんか起こり始めちゃった感がありありと伝わってきます。

そしたらこれですよ。

New Components and Contributors for IronPython and IronRuby – Jason Zander’s WebLog – Site Home – MSDN Blogs

簡単にまとめます。

  • IronPythonとIronRubyはApatch 2.0ライセンスのオープンソースソフトウェアだ。
  • コミュニティはIronPythonとIronRubyのソースを好きにできる。
  • MS社員以外のコミュニティの人間が管理できるようにCodePlexのサイトの設定を変更した。

別言い方をすればMSの社員は管理しないよってことです。

これからはそれぞれのプロジェクトでプロジェクトリーダーが決まったようなので、それぞれプロジェクトはこのリーダーを中心に進められていくんでしょう。

jimmy.thinking: Leadership of IronRuby and IronPython

これを後退と見るのか前進と見るのかは人それぞれだと思いますが、生かすも殺すも我々次第と言うことになったのは事実です。

2 thoughts on “MicrosoftのIronPython, IronRubyプロジェクトはMSのプロジェクトではなくなり、コミュニティのプロジェクトとなるようです。”

  1. ピンバック: .NET Clips

コメントを残す