ケン・ブロックの New “Cossie” 初のラリー実戦でエンジブローにてリタイア

ケン・ブロックは昨年燃やしてしまった”Cossie”ことフォード エストートRS コスワースに変わり新しい”Cossie”を作成し、世界各国のラリーに参加する事を発表していました。

しかし、その初戦はとなった全米ラリー選手権の100 Acre Woodで、残念ながらエンジブローでリタイアとなり、ほろ苦いデビューとなりました。

レースですが、優勝はFord Fiesta S2000 Turboを駆るバリー・マケーナ(McKenna Motorsports)、2位はSubaru WRX Stiを駆るオリバー・ソルベルグ(Subaru of America)。彼はケン・ブロックのジムカーナTENにも出演し、ペター・ソルベルグの息子です。3位は同じくSubaru WRX Stiを駆るデイビッド・ヒギンズ(Subaru of America)でした。あと、ケンの奥さんのルーシーは無事に完走を果たしています。

レース最終リザルト

オリバー・ソルベルグ、北米デビュー戦で2位獲得。「父と同じカラーのマシンをドライブできて感動的だった」