Along For The Ride, Episode 1: Custom Hondura

Forzaがはじめた、Along For The Rideの第1回目のエピソード。かつて、テキストで提供されていたHeavy Metal Afflictionのビデオ版と言ったところ。

この回では、ルノー5ターボにインスパイアされ、エンジンをミッドシップに配置し、後輪をワイドボディ化、リア駆動にしたホンダシビックを入手したオーナーの話です。

コーチビルダーのAndy Barcheckにより製作され、一握りのカーショーで賞を受賞し、彼が次のプロジェクトに取り掛かるまで所有していましたが、その後手放しました。そのあと数回オーナーが変わったあと、最近10年間所有している現オーナーは、オリジナルの「疲れた」アキュラ レジェンド1986年式に搭載されていた2.5L V6エンジンを、新世代のAcura CL Type-Sに搭載されていたJ32A 3.2L V6エンジンに載せ替え、6速マニュアルギアボックスにしています。オリジナルを作ったBarcheck氏もクリーンな車であり続けるために必要なことだと、このスワップを認めています。

ForzaのAlong For The Ride: Custom Honduraをwww.twitch.tvから視聴する

マイクロソフト、点字ディスプレイ付きのXBoxコントローラを開発か

Microsoft’s work on enabling disadvantage gamers to play as comfortably as possible isn’t over yet. What started with the awesome programmable Xbox Adaptive Controller is set to continue with a new device that outputs braille. Microsoft patented the new technology in October 2018, but the documents involving the designs were only made public on May […]

情報源: Microsoft patents new Xbox controller with haptic braille output – MSPoweruser

Xbox Oneでは、視覚障害のある方たち向けにテキストナレータの機能向上を繰り返していますが、現状だと、プレイ中のチャット等までの対応は難しいかなと言うのも有ります。

Microsoftはこの記事によると、最近出された特許にて、XBoxコントローラの背面にエリートコントローラについているようなパッドを取り付けるほかに、点字ディスプレイを取り付けようとしているようです。また、このコントローラにはマイクが内蔵され、音声入力による操作や、チャットが可能になるとされています。E3で具体的な発表があるかもしれませんが、ゲームの楽しみを様々な人に届けようという、MSの試みは素晴らしいですね。